原因別に選ぶ!むくみに効く3種の漢方薬

mukumi-image01

体がむくんでしまうと、なかなか元に戻らないので厄介だなと思う事があります。実はむくみというのは、漢方薬で改善を図る事ができます。むくみにも色々な種類がありますので、その症状に合ったものを選ぶ必要があります。

そこで「むくみに効く漢方薬」についてお話をしていきたいと思います。あなたはどのタイプのむくみなのか、そしてどんな漢方薬がお勧めなのかをチェックしてみてください。

同じ姿勢でむくみが発生するタイプ

mukumi-image02

仕事をしている姿勢が、デスクワークでずっと座りっぱなしという人や、接客で立ちっぱなしという人がいます。こういった人は同じ姿勢をとり過ぎていることが原因となり、足などの下半身が主にむくんでしまう傾向にあります。体質として特徴的なのが、風邪を引きやすい・汗をよくかく・疲れやすいといったものがあります。

そんなタイプの人におススメの漢方薬は「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」という種類になります。

水分を体に蓄積させるタイプ

mukumi-image03

体に水分が溜まりやすい人は尿の出方も悪いと言う場合があります。そしてこのタイプの人は、体質的に喉が渇きやすい・吐き気を感じる事がある・食欲がなくなる事があるといったものになります。

そんなタイプの人におススメの漢方薬は「猪苓湯(ちょれいとう)」という種類になります。利尿作用のある漢方薬なので水分を排出することで、むくみを改善していくという効果が期待できます。

血行が悪く冷えからむくみが出るタイプ

mukumi-image04

血行が悪いと体は末端からどんどん冷えていきますので、いわゆる冷え性という症状が現れます。こういった状態になると、冷えと共にむくみも出てくるようになってしまうのです。体質的には手足が冷える・喉が乾きやすい・体力がない・尿が少ないといった人になります。

そんなタイプの人におススメの漢方薬は「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」という種類になります。血行が促進される効果があり、冷えとむくみを改善する効果があるとされています。

冷え性サプリでのケアも有効

漢方薬に抵抗があるなら、サプリでのケアも効果的です。血行を促すことで、冷え性の改善をはかり、むくみの解消を助けてくれます。

漢方薬よりも手軽ですし、副作用の心配もありません。サプリの中でも、効果を実感しやすいといわれていますので、試してみる価値は十分にあります。

手先、足先の冷えを自覚しているなら、冷え性対策サプリを継続的に摂取してみては如何でしょうか。

冷え性対策サプリを試した結果!おすすめサプリを紹介するよ